Archive for 11月 2016

定期的なバックアップを取る

・いざという時のために
パソコンに内蔵されているHDDや外付けのHDDはどちらも明確な寿命はなく、おおよそ4~5年が寿命と言われています。しかし、実際にはそれよりも長持ちすることはありますし、逆にもっと早く壊れてしまうこともあります。そしてHDDが壊れるときはほとんどの場合前触れ無く突然壊れてしまいます。HDDが壊れてから焦っても個人でデータを取り出すことは難しいです。そんな「万が一」があってもいいように普段から定期的なバックアップは行うようにしましょう。

・自動バックアップ
どうしても定期的なバックアップを忘れてしまうという方は、パソコンやバックアップソフトの自動バックアップ機能の使用をおすすめします。この機能を使えば設定した曜日や期間ごとに自動でバックアップをしてくれます。基本的にバックアップ先も指定できるため、バックアップ用のHDDなどを用意して、そのHDDを指定すれば、自分が忘れていてもパソコンが自動でバックアップしてくれます。

・ソフト選びは慎重に
バックアップソフトの中にはパソコン全体のバックアップができないソフトもあります。そのことに気づかないまま使用していて、いざデータの復旧をしようとしたら一部しかバックアップされていないなんてこともありえます。そうなると、自分での対処は難しいためデータ復旧の業者に依頼する必要があります。しかし、HDDが壊れていると、業者であってもデータ復元ができないこともあります。そうならないためにも、ソフト選びや、ちゃんとバックアップが取れているかの確認をしましょう。