Archive for 10月 2016

データが消えたらパソコンは使わず静かにしておきましょう

色々操作をすると手遅れになる場合も
パソコンに保存されているデータを誤って消してしまった、もしくは何らかのトラブルにより消えてしまったという経験は多くの方にあると思います。もし、自分の使っているパソコンでそういう自体が発生したらどういう対処をすればいいか、よくわからない方も同じくらい多いでしょう。
ただ、もし自分がその場面に直面した時は、データが消えた後はパソコンをあまり使わずにそのままにしておくのが良い、ということは覚えておきましょう。

絶えず上書きされ続けていくデータ
パソコンのデータは、ハードディスクやSSDといった記憶装置にデータの形で集められています。それらは目に見えるものではありません。しかも、パソコンのデータというのは絶えず書込、上書きが繰り返されています。つまり、データが消えた時点からパソコンを使えば使うほど、そこに新しいデータが書き込まれて、本当に見つけ出したいデータが何処かへ飛んでしまうことが考えられます。
データが消えたことが分かったら、速やかにパソコンの操作は停止しましょう。

安易にソフトを使うことも避けましょう
パソコンのデータが消えるというのは、現代人にとっては死活問題です。テレビなどの録画データはもちろん、仕事の試料を作成したり閲覧したりするために使用する方も居るでしょう。データが消えたらすぐになんとかしたいと考えて、市販のデータ復旧ソフトを購入して使う場合も考えられますが、不用意に使うとデータが余計に消えてしまう場合も考えられるので、その点では注意が必要です。