Archive for 4月 2015

壊れても最後ではありません

機械は永遠ではありません
今は周りにはデジタル製品が溢れています。パソコンやスマートフォン、デジタルカメラ等々、これらのデジタル製品で扱うのは「デジタルデータ」です。このデジタルデータは目には見えません。機械の中のハードディスクや、SDカードなどの記録メディアにデジタル化されて保存されています。一見、機械の中だから安全のように思ってしまいますが、機械は永遠ではありません。長く使えば使うほど壊れる可能性は高まりますし、予兆もなく突然壊れてしまうことも少なくありません。機械は壊れるもの、そういう認識が必要です。

壊れてしまったら
ではデジタル製品が壊れてしまったら、保存していたままのデータはもう永久に消えて戻らないのでしょうか。実は製品そのものが壊れても、前述のハードディスクや記録メデイア部分は無傷の場合があります。データを保存している部分は、電源部分や他の機能指令部分とは独立していることがほとんどです。従って壊れたと思っても、記録部分だけを取り出して、デジタルデータだけを抽出することが可能です。

データ復元のお仕事
精密なデジタル製品ですが、壊れてしまったからと言って最後ではありません。大事なデータだけは残されている可能性はあります。諦めて処分する前に、一度データ復元を専門に行っている業者に依頼してみましょう。必ずしも全てのデータが戻るとは限らないですが、試してみる価値は充分にあります。データ容量によって値段も違いますので、依頼前には確認が必要です。