データ復旧は慎重に

データ復旧が必要なとき

データ復旧が必要だという時、そのきっかけのほとんどはPCの故障でしょう。シャットダウンせずにコンセントを抜いてしまった、PC本体を誤って落としたりぶつけて強い衝撃を与えてしまった等、様々な原因でPCが正常に動かなくなり、データが取り出せなくなった。そうした状況でデータ復旧が必要だと考えます。しかしその際、データ復旧の為と思って取った行動がデータを完全に失ってしまう結果にもなりかねません。

メーカー修理はデータを保証しない

PCが故障した場合、まず思いつくのはメーカー修理。たしかにメーカーでの修理は安心感がありますが、ここで注意が必要です。メーカー修理はあくまでPCが正常に作動するための修理、PC内のデータについては保障していません。つまり、PCが故障してデータ復旧をしたいと思ったものの、慌ててメーカー修理に出してしまうと、PCの故障は直ったけれどデータは完全に消えてしまった、ということもありえます。
データ復旧がまず必要という場合には慎重に依頼する業社を調べましょう。

データ復旧業者を探す

データ復旧業者も色々なところがあります。ISOやISMSを取得しているセキュリティ面で信頼度の高い業社、PCの状態によっては対応できない場合もあるところ、またはデータ復旧が可能なものの、外部に依頼をしている為に時間がかかることがある等、様々な特徴があります。ですが、どこに依頼するにしても多くのデータ復旧会社は「無料診断」を行っていますのでこれを利用しましょう。電話での受付をしている所も多いので、まずはじっくりPCの状態を診断してもらってから、データ復旧の段取りを整えるといいかも知れません。

Comments are closed.