データ修復が必要なアクシデントが起こったら

○データ復旧が必要になるケース
パソコンのデータが消失してデータ復旧が必要になる原因は、主にソフトウェア上のトラブルと、機器の故障によるものに分かれます。ソフトウェア上の書き換えによるデータ消失は論理障害と呼ばれています。データ復旧ソフトで修正ができるので、比較的簡単に修理をすることができます。機器の故障によるデータ消失は物理障害と言われ、パソコンを構成する精密機械に問題が発生しているため、専門の技術を持ったメーカーや、スキルの高いデータ復旧業者に依頼をする必要があります。

○もし落としてしまったら
パソコンはハードディスクを落としてしまい、機器を故障させてしまった時は、すぐに電源を切ってデータ復旧業者へ依頼することをお勧めいたします。メーカーに問い合わせると、機器の修理は行ってくれますが、データそのものを復元することまではやってくれないことが多いので注意が必要です。メーカーの修理はパーツごと交換するだけなのでデータ復元をせず、ハードディスク等の記録装置そのものを交換されてしまう可能性があるのです。

○物理障害とは
経年劣化でパソコンが故障した場合は物理障害なのか、論理障害なのか見極める必要があります。パソコンの中にあるハードディスクは故障をすると異音がします。カラン・カランやギーといういつもは聞かない音がしたら、ハードディスクの物理障害の可能性があります。データ復元が難しくなります。ひどくなると焦げたような臭いがします。この場合機械のパーツが焦げている可能性があるので、すぐに電源を切る必要があります。外見に問題がないからといっても、突然データが消えてしまったり、ハードディスクが認識しなくなった場合も物理障害が原因の可能性があります。データ復旧業者へご相談されることをお勧め致します。

Comments are closed.