誤ってフォーマットを行って消してしまうことも・・・

フォーマットで消してしまうことも・・・

例えば、こんなケースはありませんか? データの保存として外付けハードディスクをとある機器に付けるというケースです。その場合、外付けハードディスクがその機器に使うことができるよう、外付けハードディスクをフォーマットする必要があります。ただ、その時に外付けハードディスクの中身が元から何も入っていないことを確認する必要があります。もし、外付けハードディスクに何かしらのデータが入っている状態でフォーマットを行ってしまうと、それらのデータは全て消えてしまうのです。この場合、例え慌ててキャンセルボタンを押しても、もう手遅れな場合が多いです。

データ復旧のプロである専門業者にご相談

もし、上記のようなケースが起きてしまった場合、一度、データ復元に特化した専門業者までお問い合わせしてみてはいかがでしょうか? 専門業者は色んなデータ修復に対応していますので、誤って消してしまったデータを復元してもらえるかもしれません。

インターネットで配布されている復元ソフト

インターネットにはデータ復元のソフトが配布されています。これらは大抵無料またはお試し版となっていますが、これらを使っても完全にデータ復元ができない場合が多いです。また、例えデータそのものを復元しても、中身を開こうとしたら「ファイルが破損しています」などのメッセージで、結局開くことができなかったというケースも多いです。ご自分で何とか修復したいと思う気持ちはもっともですが、ここは専門業者にお任せしてみることをオススメいたします。

Comments are closed.