消したデータが復旧できる理由

皆さんは、何故消えたはずのデータがデータ復旧サービスを利用することで復旧できるか不思議に思ったことはありませんか?
例えるなら、データが消えたというのは本棚に入っていた本を捨ててしまい、戻ってきていないような状態です。
だというのに、データ復旧サービスを利用すると、元通りのデータが復元される……
これは、パソコンのデータがどのように保存され、消去差sれるかの仕組みが大きく関係しています。

パソコンのデータは、まずハードディスクに書き込まれて保存されますが、このデータを消去してゴミ箱に入れ、削除したとしてもじつはまだ、データとしてはパソコンの中に残っています。
どういうことかというと、パソコンで消去したデータは、一旦見えなくなっているだけで、データとしてはまだパソコン内に存在しています。
実際にデータが消えるのは、そのデータが入っていた場所に他のデータが上書きされた時で、こうなるとデータ復旧のサービスを利用したとしても、そのデータを復旧することはほぼ不可能です。

そこで、データ復旧サービスをご利用したいと考えている方、もしくは万が一の時のために色々と調べている方に朗報です、データ復旧を依頼する場合、データ復旧を依頼するパソコンのハードディスクなどは、あまり使用しないようにしましょう。先程も書いたとおり、データ復旧を行う前にデータが上書きされると、データ復旧が不可能になるからです。

Comments are closed.