データ復旧の可否

パソコンを使用していたらデータが消えてしまった!
これほど焦る瞬間というのはそうそうありません。この消去にも大きく分けて二種類あって、誤消去によるデータ消失は論理障害。
パソコンの落下などによる物理的な破損によるものを物理障害と呼びます。
万が一このどちらかでデータを消去してしまっても諦めるのはまだ早いです。データ復旧・データ復元という道はまだ残されています。
まずここでデータ復旧・データ復元のために役立つ知識をいくうつかご紹介します。
それはパソコンのデータを万が一消去してしまっても、パソコン内部にデータは残っているからデータ復旧は可能ということです。
しかし、そこに新たなデータが上書きされてしまうと話は別です。基本的にそれはもうデータ復元することができません。そうならないために、データ消失をした後にシステムの復元は行わないということが鉄則です。データを取り戻そうとしてデフラグやシステムチェックを行なってはいけません。そして次にお伝えしたいのが物理的なエラーは個人でデータ復旧・データ復元しようとしても無理だということです。
これには業者の専門知識が不可欠となるので、あれこれやってデータが復元できなくなる前に依頼しましょう。
そして最後にお伝えしたいのが、大切なデータは必ずバックアップをとっておくということです。これさえしっかり行なっていれば
たとえデータが復旧できなくても焦ることはありません。データのバックアップは常にとっておきましょう。

Comments are closed.