データ復旧できないことも

・上書きされている
パソコンのデータはゴミ箱に入れたり、削除の操作をしたりするだけでは完全に削除することはできません。飽くまでもそのデータに上書きが可能な状態にすることで、新たなデータを保存する場所を確保したという状態にしているだけなのです。簡単に言うと削除しましたという情報を表示しているだけで、実際にはデータは残っているのです。完全にデータを削除するにはその上から別のデータを上書きするか、専用のソフトを使い全く意味のないデータを上書きする必要があるのです。データ復元ソフトなどでも、そのような操作ができるため、操作を間違えると、復元したいデータの上から上書きをかけてしまうことがあります。つまり、そうなった場合、プロの業者でも復元は不可能なのです。

・ハードディスクの故障
パソコンの故障原因の中でもハードディスクの故障はかなりの割合を占めます。ハードディスクの故障にも種類はあります。例えば、ハードディスク自体は問題なくてもインストールされているWindowsに問題がある場合、電源はついても、正常にパソコンの起動ができなくなります。この場合は壊れているのはWindowsだけなので、データ復元ができる可能性は残っています。しかし、ハードディスクが完全に壊れている場合は、パソコンの電源が付いても何も表示されなかったり、そもそも電源が入らなかったりします。そうすると、データも壊れている可能性が高く、データ復元ができないのです。

・初期化した場合
パソコンに異常が出た際に、個人データを残したまま、システムを初期化するリフレッシュという方法があります。しかしこの方法を行うには、特殊な操作が必要になります。リフレッシュを行うための画面には、他にもリカバリやWindowsを含めたすべてのデータを削除しハードディスクを工場出荷状態に戻す操作もあるのです。リカバリであればまだデータ復元の可能性は残っていますが、工場出荷状態に戻してしまうと、Windowsを含めたすべてのデータを完全に削除してしまうためデータの復元が不可能になるのです。

Comments are closed.