データの重要性

データの量が増え続けている

近年パソコンを始めとしてタブレット端末を含む情報端末は急速に普及してきました。データの保管量もこれまでとは比べ物にならないほど膨大な物となり、パソコンだと1TB以上のものが主流で、企業などがデータの保管庫として使用するNASと呼ばれるシステムでは、数十TBクラスのものも少なくなく、膨大な情報が保管されています。

消えた場合の問題
それらのデータストレージには、様々な情報が収められており、万が一データが壊れたり、読み出せなく鳴った場合は大きな問題となります。
企業であれば顧客の情報や取引情報、各種マニュアルや資料を始めとする重要な情報、個人の場合は大量の映像、音楽、写真データなどが消えてしまえば、大きな損失です。それらの中には家族や友人、恋人などと撮影した物などもあり、そのデータの価値は様々です。

復旧サービスについて

データ復旧サービスでは、それらのデータストレージからデータを回収して、元通りに読み出せるようにするサービスです。データ復元は簡単な作業ではなく、下手な事をすれば生き残っているデータまで破損してしまうこともあり得ます。また、データが読み出せなくなってからの時間も重要で、時間が経てば経つほどデータが上書きをされ、さらにデータ復元が難しくなっている場合もあります。ハードディスクなどのデータストレージのデータ復旧を依頼する場合は、読み込んだり読み出せなくなった時点で早めに専門業者にデータ復元作業を依頼されることをお勧めします。

Comments are closed.